今年もありがとうございます!

0
    今年ももう、3日です!昨日は、弊社の忘年会!今年は「以心伝心」にお世話になりました。和風創作料理になるのかな!?コース料理で飲み放題!?すべての料理がおいしかったです!

    そして2次会は「TAKEYA」イタリアンバーもう少し小腹がすいていたので、ローストビーフを注文!おいしい!

    ローストビーフ

    おいしかったので、もう一皿注文!少し飲みすぎた人もいたようですが、社員のみんなのおなかは満足できたかな!?

    1年間お疲れ様!そして、ありがとう!また来年もよろしくです!感謝!

    奥多摩小屋からの富士山

    そして皆様、良い年をお迎えください!!!また、来年もよろしくお願いいたします!

    健康管理士一般指導員(健康管理能力検定1級)合格!

    0
      去年の終わりに特定非営利活動法人 日本成人病予防協会と一般財団法人 生涯学習開発財団が共同認定している「健康管理士一般指導員」の資格があることを知り、早々資格を取るために勉強をしていました。この資格は教育訓練給付制度の厚生労働大臣指定講座であり、文部科学省後援「健康管理能力検定1級」が同時に取得できます。平成4年から認定を開始して平成25年11月現在60,000人の認定をしています。また、社員研修に取り入れている企業は305社(弊社も全社員取得中です!)、学校教育に取り入れている大学48校、医療・福祉施設での採用実績167施設の実績があります。

      久々の受験勉強みたいで楽しかったです。6冊のテキストで2冊ごとに添削問題を提出し、採点していただきます。そして、最後の一冊はテスト問題になっています。この提出を資格認定試験1か月前までにしなければなりません。そして、有料の合格対策講座に出て、テストに備えました!

      試験は4ヶ月ごとに開催しており、わたくしは6月21日(父の日)にテストを受けてきました!テスト問題は約200問を90分で解きます。選択問題が多いのだろうとちょと高をくくっていたら、意外と単語を書かせる問題も多くて前半から焦らされました!(漢字がわからない時は、恥ずかしいけどひらがなで記入!)どうにか90分で一通り終わらせました!周りのみなさんも「問題数が多いよ〜」と口をそろえて言っていました!逆な考え方を言えば問題が多ければ、その分1問の点数の分配率が下がるので何問かわからなくても諦めずにがんばれます。

      そして、2週間後、合格通知が届きました!何点で合格したかはわかりませんが、無事合格です!弊社で先頭切ってわたくしが初めて受けた試験。どうにか社長の面目が保てました!弊社では、今3名、資格を取るために勉強しています!10月にはまた合格者が増えるでしょう!?期待していてください。そして、弊社のお客様のお力になれる様、これからも社員一同、精進してまいりますの今後ともよろしくお願いいたします!

      認定証

      健康博覧会2012(第30回記念)

      0
        さて今年も開催されました!「健康博覧会2012」第30回記念となるようです拍手去年も3月の同時期に予定されていたのですが、3.11東日本大震災のため順延になり6月にずれて実施されました。その為、全体に訪れる人が少なかったように思われます。

        そして今年は、3月14日(水)〜16日(金)東京ビックサイトにていつもの期間で実施されました!
        今年もタヒボジャパン社も出展ラッキーこんな感じですグッド

        健康博覧会2012タヒボジャパンブース

        今回は、一日目がとても来場者多く、タヒボ茶の素晴らしさをのどをからしながらお伝えしました。一日中立って、お茶を試飲していただき、タヒボ茶の説明を繰り返しお話していると、結構エネルギーを使うものです汗さすがに3日続けて説明した人は大変だと思います。床はコンクリートですからね〜。足腰に来ます撃沈


        そして、今回は弊社の「酵草源(こうそうげん)」製造元である、株式会社ミヤトウ野草研究所さんも健康博覧会初出展と言う事でブースを見学見る

        ミヤトウ野草研究所ブース

        「発酵ひとすじ」近藤会長の一途な思いが伝わります!!今すごく”発酵ブーム”だと思います。塩麹・酒かす・酢・味噌・ぬか漬け・納豆など伝統食材には、身体に健康をもたらす作用がたくさんあります。ぜひもう一度、発酵食品の素晴らしさを再確認していただければと思います。今、本屋に行くとコーナーが設けられているぐらい発酵ブームときめき

        発酵ひとすじ

        今年の健康博覧会でのブースで多かった健康食品商材は、水素、酵素、発酵食品などですかね〜。個人的にはサラシアレティキュラータ=コタラヒムが気になりました!糖尿病によさそう〜。最近のマイブームで、勉強中です!そのうち皆様にもご紹介できればと思いますニコニコ

        酵素療法ワークショップと鶴見酵素栄養学協会講演会

        0
          3月11日、この日は忘れもしません。今日で東日本大震災から1年たちました。各テレビ局では特番が組まれ、見ていましたが、もう1年たったと思えません!ここ最近地震も頻繁にありますし・・・。災害でお亡くなりになられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

          ディッキー・フュラー博士

          さて、この日Dr.ハウエルの亡き後、米国酵素栄養療法の第一人者として30年以上の臨床キャリアを持つトランスフォーメイションクリニック代表/院長ディッキー・フュラー博士のワークショップ(勉強会)と午後からはNPO法人鶴見酵素栄養学協会第十一回講演会があり、参加してきました!午前中の3時間、消化器官の概観を一通り伺い、酵素とは?酵素の働き、生活の中での酵素のムダ使い、酵素サプリの必要性をお話していただきました。

          消化酵素が必要な場合とは?

          1.産後直後に母乳を与えられなかった、あるいは母乳で育てられた期間が18ヶ月以下であった。
          2.炭水化物を適正に分解できる能力がつく前に、糖類を与えられ始めた。
          3.25歳以上であれば、年齢を重ねるにつれて、酵素の数は減少する。
          4.解消できないストレスがある。
          5.薬物投与を受けている。
          6.抗生物質を服用している。
          7.合成甘味料を摂取している。
          8.持病がある。
          9.肥満などの体重問題を抱えている。
          10.遺伝子組み換え物質(GMO)を含む食品を摂取している。

          特に先生のお話の中で強調されていたことは、GMO(遺伝子組み換え食品物質)の怖さです!
          今ほとんどの食品には、遺伝子組み換え食品が使用されていて、その食品には、変性タンパク質があり、本来のタンパク構造が変えられていて人間の身体は、認識できず、免疫系は、異物と特定し攻撃を始めます。このタンパク質の混乱から自らの細胞を攻撃をし始めます。これが自己免疫疾患や機能障害を引き起こします。恐ろしいことです。すぐに身体に影響を出てくるのではなく、じわじわと身体に悪影響を及ぼすのです。環境ホルモンや化学物質、電磁波の問題。似たような問題です!こういう食品を身体に入れなくて済むなら一番良いのですが、加工されて色々な食品にに入り込んできています。こういう時にこそ、酵素を取り入れ、分解、デトックス促進の手助けになるのです。酵素の必要性を噛みしめるのでした。

          その後、先生を囲み懇親会が開かれ、午後の講演会に続きます。

          発明会館にて

          会場は、満席。立ち見も出ていたぐらいです。NPO法人鶴見酵素栄養学協会の講演会も十一回目の講演会になります。

          葉子クリニック院長内山葉子先生

          第一部は、講演会二度目の講演になる、北九州市で自然医療や漢方など統合医療のクリニックを開業してらっしゃる葉子クリニック院長内山葉子先生が「お母さんと赤ちゃんの食事」をテーマにお話してくださいました。母乳で育てる大切さを実感しました。そして母親の健康管理も見逃せません。

          トランスフォーメイションクリニック代表/院長ディッキー・フュラー博士

          そして、第二部として「酵素の治癒力」〜あなたの寿命は、食事とボディタイプと酵素で決まる!〜ディッキー・フィラー先生の講演でした。ボディ・タイプは大きく分けて4タイプにあり、鎖骨と腰骨の幅の違いや好みの食品などで見分けられます。タイプにより、遺伝的に酵素の種類の強弱があり、炭水化物の分解酵素、タンパク質の分解酵素など、食事とり方を気を付ける必要があり、補助的に必要な酵素をとることを勧めています。そして、午前中にもお話していたGMO(遺伝子組み換え作物)のお話も簡単にあり、健康バランスを維持するための提案として酵素サプリメントを活用することの大切さをお話してくださいました。もし、詳しいことを知りたいならば、「酵素の治癒力」現代書林 ディッキー・フィラー/著 竹内進一郎/監訳の書籍が発売されていますので御覧下さい!

          書籍「酵素の治癒力」

          鶴見クリニック院長 鶴見隆史先生

          そして、最後に第三部として、ご存じ鶴見先生の講演です。先生の患者さんの体験談と最近の食事情を聞かせていただきました。野菜のビタミン・ミネラル量の激減、遺伝子組み換えの種、野菜消費量の激減、農薬使用量のNo.1は日本!と驚くことばかりです。問題が多いですね。生活習慣病が増えていく訳です。やはり、食育の大切に繋がっていきます!いつも勉強になります。

          今回も大変勉強になり、貴重な時間を頂いたワークショップと講演会でした。少しでも皆さんに役立つ様、情報発信をしていければと思います。

          第一回 酵素栄養学講座

          0
            第一回 鶴見酵素栄養学講座が、4月16・17日(土・日)に台場フロンティアビルにて開催されました。今回が初めてなりますが、前から一度、酵素栄養学は勉強したくて、楽しみにしていました。先生の診察を受けないと、教わる機会も無かったので・・・。以前会長が、診察を受け、ファスティングや酵素サプリメント、野生植物ミネラルマグマ等を取り入れてアドバイスをしているのは大枠でわかっていました。しかし、エドワール・ハウエル博士が発表した「エンザイム・ニュートリション(酵素栄養学)」をベースに最新の情報で勉強出来る機会はそう簡単にないので、ぜひにと思っていたところでした楽しい

            さて、内容はといいますと、米国コロラド州所在のNTIカレッジの日本提携校(ホリスティック・ガレッジ・オブ・ニュートリション)校長の竹内進一郎先生と鶴見先生のコラボレーションで行われました。一日目は、酵素栄養学 基礎編として食(栄養学)の重要性を講義とDVDで視聴。また、ドクターハウエル酵素栄養学概念、最新の酵素栄養、三大栄養素の消化と吸収を主に竹内校長にお話頂き、その中でもDVDはドキュメンタリー映画『フードマタース/〜食に隠された秘密』一部を上映You are what you eat.「あなたが食べたものが、あなた自身なのです」食の大切さは衝撃的でした!ぜひ、皆様にも見て頂きたい内容です。ちなみに、弊社でも1本購入。当社の社員さんにも勉強になるなとおもいまして・・・グッド

            フードマタースDVD

            そして二日目は、少し前日のおさらいをし、いよいよ応用編として鶴見先生から、長年の臨床経験を通して酵素生かす腸管の重要性とプラス植物繊維ついて。腸内細菌と免疫・腸管免疫(粘膜免疫)ついて。肝臓機能・門脈血浄化の意義などについてお話がありました。今回は、第一回目でもあるので、鶴見先生も酵素栄養学を学ぶ上で身体の機能的な働き方をベースにお話頂き、分子的な側面からは第二回目の講座からということでした。

            今回の勉強会で興味を持つことが出来たのは、「LGS リーキーガット・シンドローム(症候群)」。いろいろな要因で、粘膜バリアが働いていない腸壁から、未消化のタンパク質や、悪玉菌の分泌する悪い物質を吸収してしまい、血液中の白血球や、肝臓に負担をかけることで引き起こされる、非常に様々な症状を総称して言う病気である。ひどいもので、血液の中で赤血球がルロー(鎖状態になる)また、血中にあってはいけない、シュガークリスタル、尿酸結晶、アキャンリアサイトなどが見受けられるというもの冷や汗
            そして、最近「胆嚢(たんのう)の病気」が増えてきているとのこと!今、成人の10人に1人が胆石症や胆嚢ポリープだと言う。最大の原因は食生活の欧米化に伴う高脂肪食の増加である。胆嚢は高脂肪食の影響を受けやすい臓器といえるしょんぼり
            また、便(ウンチ)は状態や色は健康のバロメーターになることです。ウンチの酸度によってアルカリ性なら黒ずんだ茶褐色、酸性なら黄色味を帯びたオレンジ色になります。腸内にビフィズス菌や乳酸菌など有用菌が多い場合は、腸内の環境が弱酸性に保たれていますので、ウンチの色は黄色に近い色になります。また、肉食や脂肪類を多く摂ったり、腐敗菌が多くなると環境がアルカリ性になるため、ウンチの色が茶褐色から黒褐色になって行きます。つまり、健康のためには黄色に近いウンチを維持することが肝要といわれているそうですびっくり

            ウンチの状態

            参考までに・・・。

            今回の講座を受けて感想は、竹内先生の酵素栄養学の基礎編については前もって鶴見先生の本を読んだりしていたので大枠すぐ理解が出来ました。あやふやな部分が明確になったのでよかったです。応用編の鶴見先生の講義は、時間が足りなくお話が多少駆け足になってしまったのが残念ですポロリ理解してほしいこと伝えたいことが沢山あったのでしょうね〜。次回の応用編の講義は、受けたいと思っています。

            第2回 酵素栄養学講座は、7月9日(土)・10日(日)に開催予定です!会費は52,500円、場所は今回と同じく台場フロンティアビルの予定です!ご興味がおありの方は、ぜひ参加してみたください!資格条件としては、NPO法人鶴見酵素栄養学協会に入会していないといけませんが・・・。NPO法人鶴見酵素栄養学協会では、定期的に講演会や、鶴見クリニック患者さん体験発表会、酵素栄養学料理教室、酵素ファスティング(断食)合宿、農業体験会など色々な実習会なども計画されています。

            詳しくは、NPO法人 鶴見酵素栄養学協会HPをご覧ください!

            | 1/5PAGES | >>

            PR

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << June 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recommend

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM