平成のもり、もり!

0
    IMG_30.jpg IMG_40.jpg

    IMG_10.jpg IMG_20.jpg 

        IMG_50.jpg IMG_60.jpg

         IMG_70.JPG   IMG_80.JPG

         IMG_90.JPG


    今日は、川島町の平成の森公園に来ました。もうアジサイも咲いている時期なのでバラは殆ど終わっていていたが、ハスとショウブも咲いて綺麗で静かな公園でした。この公園のバラのトンネルは日本一長いそうです。
    駐車場に車を止めてバラのトンネルまで歩いて行くと凄いバラの香りです。肝心のバラはすでに枯れかけているのにとても良い香りでした。満開のときは香りに圧倒されることでしょう。
    本当のバラのトンネルになるのもあと何年かかるのかな。でも見応えがありますね。
    ここの公園にはまだ見どころがあります。ハスにショウブです。綺麗ですね。満開とは言えませんが、綺麗でした。写真を撮りに来ている人も多くいましたね。 散歩して綺麗な花を見て香りを楽しむ。満足な一日でした。

    公園内のあちこちにある案内板を読むと、「平成の森公園」は、1988年(昭和63年)に国が提唱した"ふるさと創生事業"に基づいて計画された公園で、1996年(平成8年)に3年の歳月をかけて完成しました。事業費は、なんと!25億円!25億円だそうです。
    計画されたのが"平成元年"だったことから、元号を記念して命名されたとのことです。
    川島町役場からは少し離れていますが、「平成の森公園」の西側には、町立図書館、町民体育館、武道館、町民会館、中央公民館、町立保育園、川島町シルバー人材センターが建ち並んでいます。
    更に東側には「川島病院」があり、周囲を田んぼに囲まれたこの一帯だけ別の空間のようです。川島町のコミュニケーションを一手に担っている地域みたいです。25億円ですからね。
    あの古い町役場がここに新しく建たなかったのが不思議ですがね。


    介護認定審査

    0
      現在父親の介護度は「要介護1」です。
      はじめの入院先で介護認定審査があった時は、3月中旬、私は仕事で行けずに、病院のソーシャルワーカーさんが立ち会ってくれました。
      話の内容では、先生や看護師さんに聞くと「多分、要介護2か3くらいでしょう」との見解でしたが、先日、やっと届いた審査の結果は、「要介護1」病院では現在、毎日2時間程度のリハビリ入院中。
      介護審査が下りたことで、病院での入院では無くなり、退院して地域のソーシャルワーカーさんと相談をしながら自宅介護が始まります。
      まだ退院の日にちは決まっていませんが、先日ソーシャルワーカーさんとお会いして説明と話を伺って来ました。通院のための介護タクシーの利用が可能になるのでこれは使わせて貰えれば送迎の心配も途中での行き倒れも心配はなさそうです。
      認定調査は市役所の担当の方が面会に来られて
      名前が言えるか?今の季節がわかるか?椅子からの立ち上がりやベッドからの起き上がりやトイレやお風呂は介護を必要とするか?簡単な質問と状況を調査員が判断して、県の介護審査を通って結果が出るので通常は1ヶ月程度で結果が出るそうなのですが、2ヶ月かかりました。最近は審査も難しくなっているようすが、それでも一人で着替えも出来ない方が要支援だったり、ゴルフも楽しめるような人が要介護だったりめちゃくちゃな判定も結構あるようです。
      父親の審査は妥当なレベルでしょう。
      父親が2月に入院してから3ヶ月ですが、母親が病院へ見舞いに行くのも大事で、それでも週に1〜2回は病院へ行って来るのですが毎度命がけのような事を言っています。
      母親も足が悪く思ったようには歩けず病院へ行くことが必死のようです。
      日々の掃除や洗濯はマイペースでやったりやらなかったり。日々の日用品の買い物や食料は、私が仕事帰りに済ませ、足りないものは、休みに車で買い物に行き、病院へ行って休みも終わる。病院へ行けば、手続きだの申請だのとわからない事が多く、治療方針だの経過報告だの請求書だのと毎回毎回色んな書類を渡されて色んなストレスも抱えて帰ってくる。本当に病院は疲れる場所。
      これで父親が退院してきたらどーなるものか?
      必要とされる両親の介護は今後どーなることか?
      今の私には、結婚をしていない彼女と、その子供が2人居ます。
      今はこの3人が息抜きと癒しになっています。
      「かけがえの無い唯一無二の存在だと思います。」
      たくさんの人生を教えてくれる存在でもあり、楽しいこと、嬉しいこと、美しいものを美しいと、正しいものを教えてくれて感じさせてくれる存在です。
      とにかく色んな事を教えてくれるし、考えさせてくれています。子供を知るようになってから、今まで知り得なかった世界が広がって、感謝しています。
      当然、その子供たちと一緒にマジに笑っている彼女を見ると「可愛いな」って思うしこの人を大切にしないといけないなって思う。感謝、感謝。
      IMG_6776.JPG

      つかの間の穏やかな休日。

      0
        3月も末になり、急に暖かくなり、ここ数日は、気温も20℃近くにまで上がったおかげで、蕾だった桜が開花を始め、埼玉県の桜も一斉に満開、開花宣言!

        ここ最近の土日の休みは、父親の入院している病院への往復でバタバタと慌しい繰り返しだった。この日は、一時帰宅が許された父親を迎えに行き、久しぶりに家に帰って来ました。この日の午前中は、かなり気温も上がり20℃以上にもなって、絶好のお花見日和。

        ということで、父親の帰宅早々、両親を誘ってお花見に出掛けてみる事にしました。
        生憎一時帰宅の父親とそんなに遠くにまでは行けませんでしたし、飲み物もまだ、とろみを付けた物や、食事も限られていたので、少し大きい近所の桜の咲いている公園にリハビリも兼ねての散歩のみだった。
        訪れている人の数はさほど多くは無かったので、ゆったりと歩いて眺めることができたのは幸運でした。
        公園に着いたのは、昼を過ぎていましたので、既に仲間とシートに座って飲んでいる方々や広場で子供たちと遊んでいる家族も居て皆さんそれぞれの楽しみ方をしていました。
        園内の桜や池を眺めながら満開の桜を愛でながら、ゆっくりと散歩をして時々足を休めてベンチでボーっと休憩したりもしましたが、80歳過ぎた両親はすぐに疲れてしまい、早目に帰宅してきました。
        今日は、天気も穏やかで風も無くのんびりと久しぶりに過ごした1日でした☆☆☆

        IMG_6399.JPG


        IMG_6390.JPG


        IMG_6389.JPG


        IMG_6401.JPG


        IMG_6402.JPG IMG_6392.JPG

        レイトショー!

        0
          誘っても、良い返事をしてくれない子供たちを無視して2人で行きました!
          レイトショー 
          今回は何の予備知識も先入観も持たずの、映画鑑賞です。
          接骨院の先生が良かった!お奨め!って、言っていたし、「ベイマックス」を観に行きました。しかもペアシート!ちょっとそれも楽しみだった。
          きっと最後は、あぁ〜そう来たか!って。そんな話の展開なのかな〜って話をしながら映画館へ。
          感想は・・・
          犯人は、誰か?
          もしかしたら主人公のヒロを成長させるためのお兄さんの演出?
          お兄さんが犯人?
          なんて、深読みもしてみましたが。予想は、当たってしまいました。
          HERO誕生に至る過程で、お兄さんの死、ベイマックスとの交流、悪役登場などなどの要素が盛りだくさん。
          アクションものとしてのスピード感あふれるシーンも多く、HEROの活躍や成長もありと、楽しいですよ。Mr.インクレディブル的な、そんな展開の中ベイマックスがほっこり和ませてくれる。
          逃げている最中にも転んで痛みを感じたヒロをスキャンするベイマックス、住んでいる場所もサンフランソウキョウって?サンフランシスコのようで、東京のような不思議な日本みたいな設定にも笑いがこぼれるシーンも多く、絵もきれい、そして大人が思わず涙ぐむポロリの展開もあり・・・
          とっても楽しい映画でした。
          そして、観た人は必ずベイマックスを気に入って帰るようでした。
          映画館のロビーにビニール製のベイマックスがおそらく等身大で置いてあったのですが、映画の後にみなさんベイマックスを触るか、写真を一緒に撮っていましたからね。


           1410.JPG    1409.JPG 

          1411.JPG  1406.JPG

          動物園に行ってきました。

          0
            久しぶりに上野動物園に行きました。
            恩賜上野動物園は、日本最初の動物園で1882年(明治15年)に開園しました。
            当初は農商務省の所管でしたが、その後、宮内省所管となり、さらに1924年(大正13年)には皇太子(昭和天皇)のご成婚を記念して東京市に下賜されました。
            img_0.jpg
                              img_1_m.jpg

            現在、約500種3000点の動物を飼育しており、総面積は約14ヘクタールだそうです。
            園内は東園と西園に分かれていて、園内を日本最初のモノレールが15分間隔で走っています。東園にはジャイアントパンダ、ゾウ、ゴリラ、スマトラトラなど、西園はキリン、オカピ、コビトカバ、アイアイ、レッサーパンダなどがいます。
            上野動物園と言えばパンダです。今は、オスのリーリーとメスのシンシンが居るそうですが、今日はリーリーしか見られませんでした。
            IMG_5912.JPG   IMG_5885.JPG

            昔は、パンダを見るために何時間も並んで見られるのは一瞬だった。
            まつげがとても長いアジアゾウです。
            アジアゾウは、インド、ミャンマー、タイ、マレー半島、スリランカなどに生息しており、アフリカゾウよりは小型で、体重は約3〜5トンです。
                    img_3_m.jpg

            ホッキョクグマです。
            オスの体重は平均420〜500kgですが、最大800kgになるクマもいます。
            頭が小さく、前足が大きいため、泳ぎがとても上手なんだとか。
            IMG_5850.JPG img_10_m.jpg

            冬の動物園は、天気次第で寒くて楽しめそうも無いですが、割と空いていてゆっくりと園内で遊べます。あいにく天気が気になったら近くには美術館など色々とあるので上野は穴場で良いかもですね。初めは、ブログを理由に色々と出掛ける口実ができて協力してもらっていたんです。最近では、それを逆手に取られ、次はどこへ連れて行かされるのか?楽しみです。
            IMG_5867.JPG  IMG_5893.JPG <

            | 1/5PAGES | >>

            PR

            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << March 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recommend

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM