嫌われ者 三成のこころ

0
    で・でたー、また歴史の話だ〜。しかも長い!嫌われるよ〜

    社内で僕の歴史の話を分かってくれるのは社長だけでして、どうやらその他の方々は興味なしのようです。
    なのでブログネタに歴史の話は止めようと思っていたのですが・・・やっぱり歴史だ。

    そうです、僕から歴史を取ったら何も残らないのですよ。
    ハイ、もう吹っ切れました。そういう事で今日の授業では関ヶ原の戦いを起こした”石田三成のこころ”を勉強しましょう。

    前もって言っておきますが、僕はどちらかと言えば石田三成は嫌いなタイプです。
    ちょっとお友達にはなりたくありませんね。
    ですが、どんな武将からも学ぶべきところはあります。

    今日のお話は、後世に伝わっている一説に過ぎません。
    その為、嘘かもしれません。でも、嘘か本当かなどはどうでもよいのです。大切なことはこの一説から何を学びとるかです。
    僕は、この一説を”嫌われ者 三成のこころ”と題しました。

    『絶対に家康には勝てない。』
    この揺るぎない絶対的な真実を誰よりも強く感じていたのは、他でもない石田三成本人でした。
    地位も、禄高も、他の武将からの信頼も圧倒的に家康が勝っていました。

    ですが三成は家康が大嫌い。家康に命を助けられているのに、家康を暗殺しようとするくらい大嫌い。
    だから到底、家康の軍門には下れない。だから家康と戦うしかない。きっと負けるけど戦うしかない。
    でも、どうせ命を掛けるのであれば・・・

    そう、
    『世のため、人のために死にたい』
    と三成は考えたのです。

    では、どうすれば世のため、人のために死ねるのか。それは、この世から戦乱の種を摘んでしまうこと。
    その為には、自分(三成)と同じように家康に対して不満や反感、あるいは敵視している武将と連合を組む。
    更に、自分(三成)は嫌われ者だけど、天下一品の知恵で欲深い大名を巧みに誘いかけ、あわよくば家康に代わって天下をと寄ってきた欲深大名どもを味方につける。
    そして最後に全員で家康に戦を挑み、逆に家康に木端微塵に粉砕してもらおう。
    そうすれば、その戦の後、日本国は家康を中心に一枚岩になり世の中から戦乱が消え、民百姓が安心して暮らせるだろう。


    どうですか深いでしょう〜。
    石田三成は決して私欲のために関ヶ原の戦いを起こした訳ではないのです。
    とっても不器用で傲慢かもしれませんが、目指すべきところは天下泰平。しかも自分の命をなげうってまで。
    泰平の世を築くために嫌われ者の三成は、戦乱の種とになる邪魔者を道連れにこの世を去っていったのです。

    そして泰平の世は訪れました。

    自分の役割をしっかりと見据えて、懸命に命をまっとうしようとする者には必ず結果が付いてくるものだと思いませんか?

    今に生きる子供のころの衝撃

    0
      今年に入り益々、健康の重要さを意識しております。
      実はしばらくの間、体調を崩しておりました。風邪がなかなか治らなかったのです。

      あいつ大丈夫か、まさかインフルエンザじゃ・・・


      インフルエンザが猛威を振るうなか、会社の方々を社内感染の脅威にさらしてしまいました。
      皆様、ご心配をお掛けいたしました。この場をお借りしてお詫び致します。

      それにしても、”健康”とはなんと尊いものでしょうか。
      私の言う健康とは、なにも体だけのことではありません。

      『心身共に』です。


      身体の健康、心の健康。言うまでもなく大事ですよね。

      最近、心身共に健康になろうとする世間の意識が非常に高まっているとは思いませんか?
      とても素晴らしい傾向にあると思います。

      なぜか今でも覚えているのですが僕が小学生の時、担任の先生のお話に、

      「”日本は西欧人から見るとウサギ小屋とあまり変わらないような家に住む労働中毒者の国”だと思われている。」

      との発言がありました。あまりにも衝撃的でした。
      でも、小学生ながらそう思われても仕方ないと薄々感じていたのでしょうか、不思議と反感の念は生まれませんでした。
      むしろ、「僕は絶対にそんな風には思われたくない。絶対にいやだ。」と強く思いました。

      弊社には、身体の健康維持に役立つものは当然として、”心の健康・心の満足”につながる本や音楽などのグッズもたくさんあります。
      心の豊かさを大切にする」社風の元、日々の業務をさせて頂いています。

      子供の時に強く誓った「僕はウサギ小屋に住んでいるとは思われたくない」という強烈な思いが、今の職業に繋がっていると思うと不思議な因縁というものを感じずにはいられません。

      「”今”には必ず意味がある」とよく言われます。因果関係とはとても深く、面白いものですね。

      是非、大河ドラマでやってほしい!

      0



        中学1年生の時からだい・だい・だ〜い好きでした。
        あっ、今日の話は僕の初恋のミワちゃんのことではありません。

        今、大ヒット上映中の”レッドクリフ”でお馴染みの三国志についてです。
        ちなみに、画像は尊敬している曹操様です。

        僕は中学1年生の時に吉川英治先生の『三国志』を読破して以来、横山光輝先生の漫画『三国志』、周 大荒先生の『反三国志』、その他、曹操孟徳に関する書籍や、諸葛亮孔明に関する書籍、あらゆる三国志ゲーム、中国の三国志のTVドラマ、三国志の人形劇などなど”三国志”にまつわるものには目の色変えて取り組んでまいりました。

        大人になっても三国志好きは変わっておりません。
        僕は本気で息子に”関羽”か”子龍”と名付けようとしました。
        ところが他の者から大反対をされて、やむなくあきらめました。
        いったいどこが悪いというのでしょうか?反対した人達の感性を疑いますよ、ホント(涙

        ところで、社長はレッドクリフを既に見られて、大絶賛されておりました。
        いいな〜いいな〜、僕も早く見たい!映画が安く見れる日に絶対行きますとも!
        それにしても、三国志って女性にはどうなの?って思いましたけど、レッドクリフをご覧になられた方の48%もの人が女性だとの事。素晴らしい!!!言う事なし!!!万歳。

        さて、とうとう三国志の話題をブログに書いてしまいました。
        はっきり言って、僕に三国志について語らせたら、どのくらい長い文章になるか・・・。
        考えただけでもゾッとしますよ。ここは”泣いて馬謖を斬る”思いで三国志の話題は打ち切りましょう。
        ちなみに、この故事成語、「ないてばしょくをきる」って読みますが、もちろん三国志絡みです。が、ちょっと使い方間違ってます。その点、多めに見て下さいませ。どうしても無理やり使ってみたかったんです。(汗

        福山さん、頼むぜよ!

        0

          再来年のNHK大河ドラマは”坂本龍馬”が主人公の「龍馬伝」! 楽しみで楽しみで仕方がないヤギです、こんにちは。
          ちなみに画像は僕のパソコンのデスクトップの背景に設定している坂本龍馬様です。いつ見ても最高ッス!

          ハイ!ここまでの文章をお読みになられて、健蘇社ファンの方ならお気づきかも知れませんね。
          そうです、僕の前回の書き出しと調子が全く同じなんです。
          (だから、なに?)

          しかし、下記のような世界を揺るがすニュースが報道され、僕はびっくりしましたよ。

          以下、YAHOO!ニュースより抜粋
          NHKは6日、2010年の大河ドラマ「龍馬伝」の主役に歌手・俳優の福山雅治(39)を起用すると発表した。
          33年の生涯を勇ましく駆け抜けた幕末の風雲児を、当代随一の人気者が演じる。
          大河はもちろんのこと、NHKドラマに初出演となる福山は「驚きとプレッシャーとともに大変光栄に感じております。さまざまな作品を通じて普遍的なヒーローとしてのイメージを持たれている坂本龍馬ですが、これから1年をかけて十分な準備をし、作り上げてみたいと思います。我々の挑戦にご期待下さい」と話している。


          僕の憶測では、日本国民のほぼ全員が龍馬さんの事を愛されていると思いますが、なかでも龍馬さんの容姿や身なり、生活習慣などを詳しくお知りになられている方は、福山さんが演じると聞いて驚かれたのではないかと思います。

          この場では、なぜ驚かれるかはあえて申し上げませんが・・・
          兎に角です、僕は福山さんで賛成です、個人的にも大好きな方です。
          福山さんに決定された以上、多才なセンスをお持ちの”福山雅治”という男を信じて、僕たち国民もエールを送りましょう。

          きっと心が熱くなるぜよ!幕末の英雄じゃき!

          貴方の苗字は何番目?

          0

            来年のNHK大河ドラマは”直江兼続”が主人公の「天地人」! 楽しみで楽しみで仕方がないヤギです、こんにちは。
            ちなみに画像は僕が一番大好きな兜で、”直江兼続の兜、愛立物”(レプリカ)です。いつ見ても最高ッス!

            僕は当社でも屈指の歴史好きで通っています。
            社内でも歴史にまつわる話題がでると、いきなりアドレナリン全開になってむりやり話題に割って入り、かってにしゃべりまくってます。そして、みんなに煙たがれてます。(また始まったよ・・・みたいな感じで)

            歴史好きは、おのずと苗字や家紋にも興味を示すものです。
            そこで今回は、「苗字順位検索」なるものをご紹介いたします。

            YahooかGoogleで”苗字順位検索”で検索してみて下さい。
            「日本の苗字七千傑」さんのサイトが検索結果の1番に表示されていると思いますのでのぞいてみて下さい。
            (URLは http://www.myj7000.jp-biz.net/search/fsearch.htm です。)

            苗字順位とはいっても、1位が良いのか最下位が良いのかは皆様方の価値観によるのですが、1位は日本で最も多い苗字で最下位は最も希少価値の高い苗字という事になります。

            僕が知っている有名人で珍しい苗字の方と言えば、小比類巻さんがパッと思い浮かびましたが、このサイトで検索すると”小比類巻”は7,147番と出ました。
            さらに7,147番を個別に調べると、人口は約1,200人。出自不詳。現在、青森県三沢市に多い。という情報まで出てきます。

            ちなみに、当社ではどうどう第一位の佐藤さんがおります。
            ”藤原秀郷の後裔、左衛門尉公清が佐藤を称するに始まる。”
            という説明書きもあり、歴史好きの僕にはうらやましい限りです。

            さて、僕はというと八木岡と申しまして順位は14,324番です。どうです結構めずらしいでしょう。
            ”人口約400人。下野国芳賀郡八木岡庄発祥、紀氏芳賀氏族。現在、茨城県水戸市に多い。”
            と説明がありまして、その通り、僕は茨城県水戸市出身です。このサイト凄いですよね、よくぞそこまで調べてあると感心します。

            皆さん、苗字というものは先祖代々大切に受け継がれているものです。
            画数が悪いからと言って嫌がったりせず、大切に、有難く名乗らせて頂きましょう。
            (実は”八木岡”も画数20で最悪なんですよ。でも、僕は八木岡に生まれてきて本当に良かった。お父さん、お母さん僕を産んでくれてありがとう)

            | 1/5PAGES | >>

            PR

            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << March 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recommend

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM