梅雨が明けました

0
    じめじめとしていた梅雨が終わり、暑い夏がやってきました。……というか暑すぎます!お昼休みにちょっと外に出ただけでも身の危険を感じます。冷房がなかったらどうなっていることか……。シンガポール建国の父と言われるリー・クアンユー氏がは南国シンガポールにとって最も大きな20世紀の発明はエアコンだといっていたそうですが、もう日本にとっても冷房はなくてはならないものになっていますね。生命維持装置のようになってきました……。

    梅雨の間は洗濯物がどんどんたまって気分もどんよりしていたので、洗濯物がすぐに乾くようになって嬉しいのですが、この状況は想定外……。
    少し梅雨の時期が懐かしくなってきたので(現金な)梅雨について調べてみました。

    「梅雨」というのは、6〜7月に中国の長江下流域から朝鮮半島、台湾、日本列島(北海道を除く)に見られる雨が多い時期のことをいいます。大きい意味では雨季の一種とも言えますが、日本には乾季がないため乾季に対する雨季とは言っていないようです。

    実は中国、韓国にも梅雨の時期をさす言葉があり、中国では「梅雨(メイユー)」、韓国では「長霖(チャンマ)」といいます。
    韓国語の「長霖(チャンマ)」にある「霖」という字は長く降りつづく雨という意味です。

    中国語の「梅雨」の語源は諸説あり、ひとつは、梅の実が熟す頃に降る雨なので「梅雨(メイユー)」というようになったという説。そしてもともとは「カビが生えやすい時期に降る雨」=「●(←あめかんむりに毎と書いて中国語のカビという意味の字になります)雨(メイユー)」といわれていましたが、これが転じて同じ読みで季節にあった「梅雨(メイユー)」というようになった説があります。

    そして、江戸時代に中国語の「梅雨」が日本に伝わり日本でも「梅雨」といわれるようになったそうです。

    確かにカビだとますます気分がどよーんとしてきますね。梅が熟す頃だからと「梅雨」にしてくれた中国の人に感謝です。

    梅酒飲みたくなってきました。
    umesyu_glass.png
    梅酒はロックがいいですね!

    じゃむじゃむじゃむ

    0
      しとしとしとしと、雨ばかり続きます。
      雨だと洗濯物が全く乾かないことが本当に困ります。早く夏が訪れてほしいものです。
      こんにちは、モジャ公ネズミです。

      GWにお友達のところに遊びに行った際、手作りのジャムをもらいました。
      おうちで取れたイチゴで作ったイチゴジャムです。
      そのジャムの美味しいこと!大きなビンいっぱいのジャムをもらったのですが、私と子どもであっという間に無くなってしまいました(゚д゚)ウマー

      手作りのジャム、モジャ公はイチゴではなく柑橘類を沢山もらったときに何度か作った経験があります。作り方はシンプルですが、ビンを煮沸したり焦げないようにかき回しながら鍋の様子をみていなければいけなかったりと手間がかかるんですよね。そんな手作りジャムをもらえてウハウハです(゚∀゚)ウマウマ

      私が小さい頃はジャムといえば、小さな使いきりのポーションジャム。給食にジャムがついていると豪華な感じがしてうれしかったことを覚えています。
      今はジャムだけではなく、『コンフィチュール』というオサレ〜な名前でも売られていますね。違いがあるのかと思って調べたら、『ジャム』は英語がもと、『コンフィチュール』はフランス語がもとになっているようです。突き詰めると糖度の違いなどがあるようですが、日本ではほぼ同義、おしゃれに見せたい商品に使われるようです。

      今は、定番のイチゴ、ブルーベリー、りんご、オレンジマーマレードなどのほかにも、桃、柿、梨、梅などなど、珍しいものでは京野菜やほおずきなどといったものもあるようです。
      いろんなものを試してみたくなりますね(´∀`*)ウフフ

      jam.jpg

      蘭州ラーメン

      0
        札幌ラーメン、博多ラーメン、尾道ラーメン、和歌山ラーメン、喜多方ラーメン……少し考えるだけでもいろいろなラーメンがあります。埼玉の近くだと栃木県の佐野ラーメンなど。他にもいろいろなご当地ラーメンがあるようです。個人的にはとんこつ味の博多ラーメンが好みです。こんにちは、モジャ公ネズミです。

        ここ最近ちょっと流行っているラーメンがあると聞いて食べに行ってきました。
        それは『蘭州ラーメン』。中国甘粛省の蘭州などで食べられるラーメンで、日本のものとはちょっと違います。牛肉のスープに手打ちで伸ばした麺を入れたラーメンです。

        行ったのは池袋の北口にある『火焔山』というお店です。お昼ちょうどくらいに行ったのですが、中は人でいっぱい。少しだけ待つとカウンターの席につくことができました。
        頼んだのは看板メニューの蘭州ラーメンと、トマトと玉子のラーメン。面の太さが細麺、平麺、三角麺から選べたので、蘭州ラーメンは平麺でトマトと玉子のラーメンは細麺でお願いしました。そしてメニューでおすすめされていた新疆風ラム肉の串焼きも( ^ω^)ウフフ

        牛肉スープと聞いていたのであっさりしているのかと思いきや、メニューには唐辛子マークがついています。出てきて納得、一面にラー油がかかっています。



        食べても辛い!でも、辛いけれどもスープも美味しくて箸がとまらない感じです。麺も信じられないくらいの量が入っていました。家族が沢山食べたいと言って蘭州ラーメンの麺を大盛りにしたのですがその必要はありませんでした(;^ω^)

        トマトと玉子ラーメンは辛味はなくトマトの味は感じられますが、とてもコクがあって美味しい!想像以上の美味しさでした(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!!



        新疆風ラム肉はスパイスがきいていてお酒に合いそう。お昼だったのでお酒は飲んでいませんでしたが。
        ちょうど、お店の人がラム肉を串に刺しているところと焼いているところを見たのですが、ラム肉は焼く前にスパイスの入ったたれに漬けられていました。そして、焼く直前にはさみでいっぱい切り込みが入れられます。
        お肉はとても柔らかかったのですが、このたれと直前の切り込みがポイントでしょうか(´∀`*)ウフフ

        麺の量がかなり多かったので、麺とラム肉の串焼き一本でおなかいっぱいになりました。焼きそばや和え物などがあったので次はもう少し大人数で行ってシェアするのがいいかもしれません(*´∀`*)

        ぼたんを見に行って来ました

        0
          まだまだ寒い日が続きます。ここ最近はぐずぐずしたお天気が続きあまり晴れ晴れとはいかない毎日です。花粉が少ないのはいいですが……。雨が降るたびに春が近づくといいますが、そのとおりに暖かくなってきてほしいものです。
          さて、そんな毎日ですが、まだ寒い二月にモジャ公はぼたんの花を見に行って来ました。

          行ってきたのは、上野東照宮のぼたん苑です。
          関東に住んで長いモジャ公ですが、上野に東照宮があるとは全く知りませんでした。
          東照宮=日光になっています。といっても日光にも行ったことはありません。今回調べてみたら東照宮は日光以外にも静岡や京都などいろいろなところにあるのですね。健蘇社がある川越にも仙波東照宮という神社があることを知りました。しかも、日光・久能山と並ぶ日本三大東照宮のひとつだとか。
          東照宮の存在もしらなかったので、もちろんぼたん苑の存在も知りませんでした。無知なモジャ公です(´・ω・`)

          image1.jpeg

          東照宮のぼたん苑はとてもきれいに手入れされていて、たくさんのぼたんがあって見ごたえがありました。

          image2.jpeg

          ぼたんの花は「富貴花」とか「百花の王」などといわれ愛されています。

          image3.jpeg

          さもありなん、実物は花も大きく本当に風格がありました(*´-`*)

          image4.jpeg

          あまりにも綺麗なので、バシャバシャ写真を撮っているといつの間にか一時間近くが過ぎ、スマートフォンの電池が30%近くなっていましたΣ(-∀-;)
          普段、通勤しているときには寝る前でも50%以上電池が残っていることが多いのですが……。
          写真を撮っていると電池のもちが悪いようです。今回学びました(;´∀`)

          ぼたんを見た後は、上野東照宮におまいり。
          インスタグラムがはやっているからでしょうか?上手に写真が撮れるように、固定する台がありました。

          image5.jpeg

          みなさん利用していたので、私も使ってみました。

          image6.jpeg

          帰りは散歩をしつつ、甘味屋さんであんみつを(´皿`●)ウヒヒ
          久しぶりの上野を堪能しました。

          油断大敵

          0
            インフルエンザが流行し、小学校では学級閉鎖のクラスが出始める時期がやってまいりました。モジャ公の息子も、何年か前まではこの時期に水ぼうそうにかかったりインフルエンザにかかったりと大変でした。そのたびに長期お休みをとっていたことを思い出します。

            しかし、息子が学級閉鎖になっても本人が元気なら一人で留守番も平気なくらいに成長し体も丈夫になったので、ここ数年はすっかり油断していました。……そんなところを狙ってくるのが病気です。

            先日のことです。元気に出かけていった息子の様子が夜になってだんだん怪しくなってきました。若干熱っぽい?
            熱を計ってみたところ、37度ちょっとといったところでしょうか。そこまで高熱でもなく、身体の痛みなどは訴えていなかったので風邪かしら〜などと言っていたのですが、甘かった。
            次の日病院に行って検査をするとインフルエンザA型の診断がおりました。三年ぶりのインフルエンザです。

            モジャ公は、いままで子どもがインフルエンザだったときも特にうつることもなく過ごしてきました。
            ここ二、三年は年をとったこともあり念のためにと予防接種も受けていたのでまさかうつることはないだろう……と思っていたのですが、こちらも甘かった。
            若干風邪っぽいと思いつつ、息子と同じように熱も37度前後でとくに高熱ではありませんでした。筋肉痛のようなものは感じましたが、それは前日にNHKの「筋肉体操」を見ながら腕立て伏せをやったのでそのせいかと思っていました。
            なのに病院に行ったらしっかりインフルエンザA型に陽性の反応がでていました。

            今年のインフルエンザは熱がでないのか?それとも予防接種のおかげなのか?
            真実はわかりませんが、熱がないからと油断してはなりません。
            今回、病院でもらった薬を飲んだおかげでかなりよくなりました。
            普段はあまり感じませんが、病気になると健康のありがたみがよくわかります。

            懲りない息子は、「また学級閉鎖にならないかな〜」などと暢気にいっていましたが……。

            今年のインフルエンザはA型の中でも二つほど種類があって、一度A型に罹った人ももう一度かかる恐れがあるそうです。毎日の通勤や人ごみではお気をつけくださいね。


            最近流行の黒いマスクですが、見るとびっくりしてしまう年寄りです。

            | 1/19PAGES | >>

            PR

            calendar

            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            25262728293031
            << August 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recommend

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM