蘭州ラーメン

0
    札幌ラーメン、博多ラーメン、尾道ラーメン、和歌山ラーメン、喜多方ラーメン……少し考えるだけでもいろいろなラーメンがあります。埼玉の近くだと栃木県の佐野ラーメンなど。他にもいろいろなご当地ラーメンがあるようです。個人的にはとんこつ味の博多ラーメンが好みです。こんにちは、モジャ公ネズミです。

    ここ最近ちょっと流行っているラーメンがあると聞いて食べに行ってきました。
    それは『蘭州ラーメン』。中国甘粛省の蘭州などで食べられるラーメンで、日本のものとはちょっと違います。牛肉のスープに手打ちで伸ばした麺を入れたラーメンです。

    行ったのは池袋の北口にある『火焔山』というお店です。お昼ちょうどくらいに行ったのですが、中は人でいっぱい。少しだけ待つとカウンターの席につくことができました。
    頼んだのは看板メニューの蘭州ラーメンと、トマトと玉子のラーメン。面の太さが細麺、平麺、三角麺から選べたので、蘭州ラーメンは平麺でトマトと玉子のラーメンは細麺でお願いしました。そしてメニューでおすすめされていた新疆風ラム肉の串焼きも( ^ω^)ウフフ

    牛肉スープと聞いていたのであっさりしているのかと思いきや、メニューには唐辛子マークがついています。出てきて納得、一面にラー油がかかっています。



    食べても辛い!でも、辛いけれどもスープも美味しくて箸がとまらない感じです。麺も信じられないくらいの量が入っていました。家族が沢山食べたいと言って蘭州ラーメンの麺を大盛りにしたのですがその必要はありませんでした(;^ω^)

    トマトと玉子ラーメンは辛味はなくトマトの味は感じられますが、とてもコクがあって美味しい!想像以上の美味しさでした(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!!



    新疆風ラム肉はスパイスがきいていてお酒に合いそう。お昼だったのでお酒は飲んでいませんでしたが。
    ちょうど、お店の人がラム肉を串に刺しているところと焼いているところを見たのですが、ラム肉は焼く前にスパイスの入ったたれに漬けられていました。そして、焼く直前にはさみでいっぱい切り込みが入れられます。
    お肉はとても柔らかかったのですが、このたれと直前の切り込みがポイントでしょうか(´∀`*)ウフフ

    麺の量がかなり多かったので、麺とラム肉の串焼き一本でおなかいっぱいになりました。焼きそばや和え物などがあったので次はもう少し大人数で行ってシェアするのがいいかもしれません(*´∀`*)

    ぼたんを見に行って来ました

    0
      まだまだ寒い日が続きます。ここ最近はぐずぐずしたお天気が続きあまり晴れ晴れとはいかない毎日です。花粉が少ないのはいいですが……。雨が降るたびに春が近づくといいますが、そのとおりに暖かくなってきてほしいものです。
      さて、そんな毎日ですが、まだ寒い二月にモジャ公はぼたんの花を見に行って来ました。

      行ってきたのは、上野東照宮のぼたん苑です。
      関東に住んで長いモジャ公ですが、上野に東照宮があるとは全く知りませんでした。
      東照宮=日光になっています。といっても日光にも行ったことはありません。今回調べてみたら東照宮は日光以外にも静岡や京都などいろいろなところにあるのですね。健蘇社がある川越にも仙波東照宮という神社があることを知りました。しかも、日光・久能山と並ぶ日本三大東照宮のひとつだとか。
      東照宮の存在もしらなかったので、もちろんぼたん苑の存在も知りませんでした。無知なモジャ公です(´・ω・`)

      image1.jpeg

      東照宮のぼたん苑はとてもきれいに手入れされていて、たくさんのぼたんがあって見ごたえがありました。

      image2.jpeg

      ぼたんの花は「富貴花」とか「百花の王」などといわれ愛されています。

      image3.jpeg

      さもありなん、実物は花も大きく本当に風格がありました(*´-`*)

      image4.jpeg

      あまりにも綺麗なので、バシャバシャ写真を撮っているといつの間にか一時間近くが過ぎ、スマートフォンの電池が30%近くなっていましたΣ(-∀-;)
      普段、通勤しているときには寝る前でも50%以上電池が残っていることが多いのですが……。
      写真を撮っていると電池のもちが悪いようです。今回学びました(;´∀`)

      ぼたんを見た後は、上野東照宮におまいり。
      インスタグラムがはやっているからでしょうか?上手に写真が撮れるように、固定する台がありました。

      image5.jpeg

      みなさん利用していたので、私も使ってみました。

      image6.jpeg

      帰りは散歩をしつつ、甘味屋さんであんみつを(´皿`●)ウヒヒ
      久しぶりの上野を堪能しました。

      油断大敵

      0
        インフルエンザが流行し、小学校では学級閉鎖のクラスが出始める時期がやってまいりました。モジャ公の息子も、何年か前まではこの時期に水ぼうそうにかかったりインフルエンザにかかったりと大変でした。そのたびに長期お休みをとっていたことを思い出します。

        しかし、息子が学級閉鎖になっても本人が元気なら一人で留守番も平気なくらいに成長し体も丈夫になったので、ここ数年はすっかり油断していました。……そんなところを狙ってくるのが病気です。

        先日のことです。元気に出かけていった息子の様子が夜になってだんだん怪しくなってきました。若干熱っぽい?
        熱を計ってみたところ、37度ちょっとといったところでしょうか。そこまで高熱でもなく、身体の痛みなどは訴えていなかったので風邪かしら〜などと言っていたのですが、甘かった。
        次の日病院に行って検査をするとインフルエンザA型の診断がおりました。三年ぶりのインフルエンザです。

        モジャ公は、いままで子どもがインフルエンザだったときも特にうつることもなく過ごしてきました。
        ここ二、三年は年をとったこともあり念のためにと予防接種も受けていたのでまさかうつることはないだろう……と思っていたのですが、こちらも甘かった。
        若干風邪っぽいと思いつつ、息子と同じように熱も37度前後でとくに高熱ではありませんでした。筋肉痛のようなものは感じましたが、それは前日にNHKの「筋肉体操」を見ながら腕立て伏せをやったのでそのせいかと思っていました。
        なのに病院に行ったらしっかりインフルエンザA型に陽性の反応がでていました。

        今年のインフルエンザは熱がでないのか?それとも予防接種のおかげなのか?
        真実はわかりませんが、熱がないからと油断してはなりません。
        今回、病院でもらった薬を飲んだおかげでかなりよくなりました。
        普段はあまり感じませんが、病気になると健康のありがたみがよくわかります。

        懲りない息子は、「また学級閉鎖にならないかな〜」などと暢気にいっていましたが……。

        今年のインフルエンザはA型の中でも二つほど種類があって、一度A型に罹った人ももう一度かかる恐れがあるそうです。毎日の通勤や人ごみではお気をつけくださいね。


        最近流行の黒いマスクですが、見るとびっくりしてしまう年寄りです。

        フェルメール展に行ってきました

        0

          少し前に上野の森美術館でやっている「フェルメール展」に行ってきました。

           

          チケットが普段の美術展より若干高いことと、チケット購入の時点で日時指定をしないといけないというハードルの高さで行くのを躊躇していたのですが、今回やってくる作品8点(入れ替えを含めてて9点)をもともとの所在地でみるためにはヨーロッパ周遊をしなくてはならないので実質無料では……みたいなのをネットで見かけて踏ん切りがつきましたε-(´・`)

           

          行ったのは平日の朝。希望入場時間帯の終わりに行った方が空いているという記事を見て少し遅めに行ったのですが、それでもかなり行列が……w( ̄Д ̄ w のぉぉぉぉぉぉぉ~!!
          この日は少し寒かったので並びながらもっと厚着をしてくればよかったと後悔。震えながら40分ほど待って中に入りました。

           

          珍しく音声ガイドが無料だったので借りてみました。
          展覧会ナビゲーターは石原さとみさん。素敵な声での解説でしたが、もう少し詳しい解説が欲しかったかな〜という感じ。でもこれは脚本?の問題ですね。無料だったから仕方ないのか……(ノД`)

           

          あと、いつも展覧会にいくと絵画の解説はペラの一枚にものすごく小さな字で書いてあるのでとても読みづらいのですが、今回は小さな冊子になっていました。これはとても読みやすくてよかったですd(^^*)

           

          フェルメール展は、フェルメールの絵ばかりではなく同時期に活躍した画家たちの絵画も展示されていました。こちらも見ごたえがありました。

           

          フェルメールの作品は、『フェルメール・ルーム』というひとつに部屋にまとめられていました。
          他の部屋もかなり混んでいましたが、この部屋はものすごい人!
          展示されていた絵は「牛乳を注ぐ女」「マルタとマリアの家のキリスト」「手紙を書く婦人と召使い」「ワイングラス」「手紙を書く女」「赤い帽子の娘」「リュートを調弦する女」「真珠の首飾りの女」です。
          ひとつの部屋にこれだけの作品がそろうとすごい迫力です。老若男女にもまれながらも、頑張って最前列で見てきました。緻密な絵を堪能しました。

           

          日時指定のチケット購入はハードルが高かったものの、中に入ってからの混雑を考えるとこれもしかたなしというところでしょうか。

           

          来年の一月からは日本初公開の『取り持ち女』も公開されるそうです。

          グッズもかわいいものが多く、楽しい展覧会でした(人´∀`).☆.。.:*・

           

           

          image1.jpg


          [世界を変えた書物]展

          0
            少し前の話になりますが、9月に上野の森美術館で開催されていた『[世界を変えた書物]展』に行ってきました。

            image01.jpeg

            これは金沢工業大学が所蔵するコレクション「工学の曙文庫」から選りすぐりの希少本を展示してものです。
            「工学の曙文庫」は金沢工業大学のライブラリーセンターに設置された科学的発展、技術的発明が最初に発表された初版本を体系的に収集した稀覯(きこう)書のコレクションで2000余冊が所蔵されているそうです。

            展示が始まってからかなり話題になっていたこともあり、最終日はすごい人でした。
            入り口付近からもう行列が……。しかし上野まできたのだから見なくては!と行列に続きます。
            写真撮影可だったので少し写真を撮ってきました。


            image02.jpeg

            image03.jpeg

            最初のコーナーは「知の壁」という古書で壁が埋め尽くされたコーナー。
            これは本好きにはたまらないコーナーかも。本に囲まれているだけで幸せな気分になれます。
            あと、洋書だと読めなくてもなんか賢くなったような気に……(←ダメな例)
            ここでは建築関連の稀覯書が展示されてました。

            image04.jpeg
            グラハムベルの直筆のお手紙も展示されていました。


            次のコーナーは「知の森」。著名な科学者の代表的な書物、時代を大きく変えた重要な書物が展示されていました。

            image05.jpeg

            image07.jpeg

            image06.jpeg
            これはアインシュタインの「一般相対性理論の基礎」

            image08.jpeg

            私は科学技術についてはちんぷんかんぷんで、本の名前と著者の名前くらいしかわからないのですが、科学者の発明が後世に多大なる発展をもたらしたことは間違いありません。

            しかし、その発展は生活を豊かにしてくれる反面、戦争など新たな災厄をもたらすこともあります。
            展示の中には原爆関係の資料もあり、そのことを示しているようにも思いました。


            オリジナルグッズはかわいい物ばかりでしたが、最終日で売切れのものが多くてちょっと残念。
            やはり自分が見たい展示は早めに行くのがいいですね。

            | 1/19PAGES | >>

            PR

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << June 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recommend

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM