フェルメール展に行ってきました

0

    少し前に上野の森美術館でやっている「フェルメール展」に行ってきました。

     

    チケットが普段の美術展より若干高いことと、チケット購入の時点で日時指定をしないといけないというハードルの高さで行くのを躊躇していたのですが、今回やってくる作品8点(入れ替えを含めてて9点)をもともとの所在地でみるためにはヨーロッパ周遊をしなくてはならないので実質無料では……みたいなのをネットで見かけて踏ん切りがつきましたε-(´・`)

     

    行ったのは平日の朝。希望入場時間帯の終わりに行った方が空いているという記事を見て少し遅めに行ったのですが、それでもかなり行列が……w( ̄Д ̄ w のぉぉぉぉぉぉぉ~!!
    この日は少し寒かったので並びながらもっと厚着をしてくればよかったと後悔。震えながら40分ほど待って中に入りました。

     

    珍しく音声ガイドが無料だったので借りてみました。
    展覧会ナビゲーターは石原さとみさん。素敵な声での解説でしたが、もう少し詳しい解説が欲しかったかな〜という感じ。でもこれは脚本?の問題ですね。無料だったから仕方ないのか……(ノД`)

     

    あと、いつも展覧会にいくと絵画の解説はペラの一枚にものすごく小さな字で書いてあるのでとても読みづらいのですが、今回は小さな冊子になっていました。これはとても読みやすくてよかったですd(^^*)

     

    フェルメール展は、フェルメールの絵ばかりではなく同時期に活躍した画家たちの絵画も展示されていました。こちらも見ごたえがありました。

     

    フェルメールの作品は、『フェルメール・ルーム』というひとつに部屋にまとめられていました。
    他の部屋もかなり混んでいましたが、この部屋はものすごい人!
    展示されていた絵は「牛乳を注ぐ女」「マルタとマリアの家のキリスト」「手紙を書く婦人と召使い」「ワイングラス」「手紙を書く女」「赤い帽子の娘」「リュートを調弦する女」「真珠の首飾りの女」です。
    ひとつの部屋にこれだけの作品がそろうとすごい迫力です。老若男女にもまれながらも、頑張って最前列で見てきました。緻密な絵を堪能しました。

     

    日時指定のチケット購入はハードルが高かったものの、中に入ってからの混雑を考えるとこれもしかたなしというところでしょうか。

     

    来年の一月からは日本初公開の『取り持ち女』も公開されるそうです。

    グッズもかわいいものが多く、楽しい展覧会でした(人´∀`).☆.。.:*・

     

     

    image1.jpg


    そうだ京都へ行こう

    0
      1ヶ月前の話になりましが、11月の文化の日に家族で京都へ行ってきました。
      紅葉の季節だったので観光客は多さはある程度は予測してましたが、、、予想以上すぎでした!!

      人、人、人!の多さに、びっくり!
      まず、新幹線が満席で午前発が取れない。
      京都駅のタクシーが長蛇の列!(100mくらい)
      そして、大好物のにしんそばが売り切れ。泣

      当日の新幹線は満席だったので、前日仕事が終わった後にいざ東京駅へ!
      事前にチェックしていた大丸地下街のお弁当をゲット!ビールは忘れちゃいけない
      金曜夜の新幹線もサラリーマンや家族連れで満席でした。

      23時に京都着。
      せっかくの前日入りして寝るだけは時間がもったいない!という事で、
      京都タワーとアイリッシュバーへ。元気です。



      あれ?なんかライトの色が違いませんか?

      いつものホワイトカラーなのですがこの日はオレンジ!
      ピンクリボン運動や世界糖尿病デーなどなどテーマに合わせて毎回色が変わるらしいです。
      ちなみに、この日は児童虐待防止のための市民運動「オレンジリボン運動」を周知するため、
      シンボルカラーの「オレンジ」色にライトアップされていました。

      そして平安京の羅城門模型が特別に駅前に飾られていました。大きさは実物の約10分1。
      平安京のシンボルでしたが816年に台風で倒れ、その後再建されたもののまた暴風で倒れたそうです。
      今昔物語はじめ芥川龍之介の小説「羅生門」や黒澤作品の「羅生門」など多くの作品で受け継がれてきましたが
      暴風で倒れた後は、再建されてることはなかったそうです。



      そして、こちらはすばらしいです!東寺の紅葉ライトアップ!!
      人気なので週末は混雑していました。行った時期は、まだ紅葉が色づき初めだったので
      ちょうど見頃を迎える、11月中旬から12月上旬が1番良さそうです。



      こちらは夕方の鴨川。

      何年かぶりに錦市場へ行ったのですが、地元の方だけではなく外国人観光客まで人気で人が溢れていました。
      最近では食べ歩きスポットとしても注目を集めているらしく、店先で焼きホタテやお肉、卵焼きにコロッケなどなど お酒を飲みながら食べれるスペースなどもたくさん出来ていていました。
      わたしは焼き栗に栗ごはん用の栗を購入。旬の栗づくし!



      旅館ではなくてホテルを予約したのですが、和室を選んだらこんな素敵な庭がついてました。
      聞いたことも無いホテルで安かったので心配でしたが、これはお得です!





      今回の旅で一番楽しみにしていたお店。なんと!1ヶ月前から予約してました><
      着いた早々に渡されたお品書き、、、達筆すぎてメニューが読みづらい。そして値段がわからない。笑
      緊張しましたが、ぐじや鱧、京野菜のたけのこや賀茂茄子、聖護院かぶらなど京都ならではの素材を揃えた料理は最高でした。



      楽しい時間はあっという間ですね。まだ行きたい場所も食べたいものも尽きない京都ですが。家路へ
      今年最後の旅行になりましたが、良い景色をみて癒された分、12月あと少し!頑張りましょう!

      ★☆神在月☆★

      0
        さて、いきなりポコタから問題です!

        2018年11月17日(土)夜 〜 11月24日(土)
        何の期間でしょうか??




        \(^o^)/



        \(^o^)/



        \(^o^)/


        正解は、神在月の期間でした★

        いや、神在月って何よ?
        という方。

        全国の神様が、出雲大社に集まる期間のことをいいます。
        旧暦では10月なので、10月のことを神無月と呼びます。
        神か無い月と書きますが、無くなっている訳ではなく、出雲大社に集まって会議をしているんです\(^o^)/
        なので、出雲では神無月とは言わず、『神在月』と呼びます。

        今年の神在月の期間が2018年11月17日(土)夜 〜 11月24日(土) になります★


        去年、出雲大社で感動をしたポコタは、

        『来年は神在月に行くぞ〜!!!』と意気込んでいました。



        ということで…。


        2018年11月19日〜20日

        いってまいりました〜\(^o^)/





        2日間で回った神社は、全部で8社!!!

        画像を見て、皆様にもご利益があることを祈ります!!

        それでは、ポコタの島根神社ご利益ツアー★(昨年に引き続き2回目)

        写真一挙公開\(^o^)/★
        (神社の詳細は昨年書いたので写真のみ)



        美保神社

        三保神社1.png
        三保神社2.png
        三保3.png


        八重垣神社

        八重ガキ.png
        やえがき2.png


        熊野大社

        熊野大社.png 熊野大社2.png
        熊野大社3.png

        須佐神社

        すさ1.png
        すさ2.png

        日御碕神社

        ひのみさき2.png
        ひのみさき1.png

        稲佐の浜

        いさのはま.png
        朝山神社

        朝山.png

        万九千神社

        まん.png
        まん2.png

        そして、出雲大社

        出雲.png
        出雲3.png
        出雲2.png

        いかがだったでしょうか?
        皆様も島根に行った気持ちになれましたか(#^.^#)??

        今年もあと約一ヶ月です。
        12月は、日頃お世話になっている方々に出雲大社で購入した『縁結びの糸』を
        感謝の意をこめて、皆様にもご利益があることをお祈りしつつ配ろうと思っています。

        2018年。平成最後の年末。
        ポコタにできる意味ある行動だと思っています!!!
        そうしなさいと、神様達から言われているような気がするのです!!!

        それでは、残り少ない2018年。平成。
        全力で楽しみ、感謝を伝えましょう\(^o^)/!!

        秋の丹沢へ

        0
          さて11月の連休に秋の丹沢に行ってきました!もう何度目の丹沢になるだろう?4回目になるかな〜今回も山仲間と一緒に朝8時30分渋沢の駅で待ち合わせし、Tくんの車で丹沢の大倉登山口へ向かいました!大倉尾根(通称:バカ尾根)を登ってまずは塔ノ岳へ向けて出発です!

          バカ尾根

          このような階段がひたすら続く尾根を登り続けます。途中、堀山の家の前で昼食をしましたが、コースタイム通り3時間30分ぐらいで塔ノ岳に山頂に到着!しかし、曇り空で富士山は見えず、、、、。山頂にはこんなものが飾られています。久々に疲れます!

          塔ノ岳山頂

          さて、あとひと踏ん張りです。ここから日本百名山「丹沢山」まではコースタイム1時間ちょっと!順調に到着。富士山がよく見えるとこなのですが、今日は天気に恵まれず。

          丹沢山山頂

          そして、山頂のすぐそばには、いつもお世話になっている「みやま山荘」があります。記念撮影後、チェックイン。今日は連休ともあって予約で満員だそうです!お布団一つに二人で寝るような状態です。(夜が不安!眠れるかな〜)

          みやま山荘

          晩飯の時間まで軽くビールとおつまみで乾杯!今日の食事は、3回の入れ替え制。50人ぐらいは泊まっている模様。食事はこんな感じ!結構山小屋では、良い食事です!ご飯とお味噌汁はおかわり自由!

          みやま山荘 晩飯

          食後少しみんなで飲み、就寝することに、、、。狭い寝返りうてません。いびき、うるさいです!(自分もですが、、、。)そして2Fは人口密度が濃くサウナ状態で暑い!寝ては起きの繰り返し。テントで寝たいな〜とつくづく思いました。


          そして寝不足の状態で、朝5時が過ぎ朝食の時間がきました!朝食はこんな感じ。もちろん、ご飯とお味噌汁はおかわり自由です!

          みやま山荘 朝食

          そして、食事を済ませ、今日は神奈川県の最高峰、蛭ヶ岳を目指します!丹沢山域の一番奥にあります。しかし、今日は雨模様。カッパ着込み早朝6時30分に出発!蛭ヶ岳へはピストンになるのでみやま山荘に荷物をおかしてもらい身軽な状態で向かいました。コースタイム往復3時間20分。身軽なため早めに山頂到着!。しかし、雨で景色は何も見えません!本来なら富士山を見ながら歩けるコースなのですが、そこは残念!神奈川県最高峰に来た達成感で満足するのでした。

          蛭ヶ岳山頂

          そして帰りにみやま山荘に預けた荷物を背負いバカ尾根をひたすら下り昨日登ってきたルート3時間ほどかけて大倉登山口に返っていくのでした!下山後近くのスーパー銭湯により、昼食をとりさっぱりしてから帰路に着くのでした。いやー久々に疲れた!特に大倉尾根の下りは階段が刻んであるので、右ひざ半月板を痛みをかばいながら、どうしても左足で踏ん張ってしまうので疲労バランスが崩れてしまいます。実際、山を下りて2日目、ジョギング練習をした後、右腰の張りが出て腰痛に悩まされています。もう2週間以上たっているが、完治せず、、、。今週参加予定だっだ「小江戸川越ハーフマラソン」の10kmに申し込んでいましたが、この2週間一度も走っていません!大事を取って参加を見送ることにしましたが、腰の様子をみていざとなったら、ぶっつけ本番で参加してみようかと思っています!。

          でも、単独山行もいいですが、たまには山仲間と行く山行は楽しいです!また、みんなと楽しめれば幸いです!

          [世界を変えた書物]展

          0
            少し前の話になりますが、9月に上野の森美術館で開催されていた『[世界を変えた書物]展』に行ってきました。

            image01.jpeg

            これは金沢工業大学が所蔵するコレクション「工学の曙文庫」から選りすぐりの希少本を展示してものです。
            「工学の曙文庫」は金沢工業大学のライブラリーセンターに設置された科学的発展、技術的発明が最初に発表された初版本を体系的に収集した稀覯(きこう)書のコレクションで2000余冊が所蔵されているそうです。

            展示が始まってからかなり話題になっていたこともあり、最終日はすごい人でした。
            入り口付近からもう行列が……。しかし上野まできたのだから見なくては!と行列に続きます。
            写真撮影可だったので少し写真を撮ってきました。


            image02.jpeg

            image03.jpeg

            最初のコーナーは「知の壁」という古書で壁が埋め尽くされたコーナー。
            これは本好きにはたまらないコーナーかも。本に囲まれているだけで幸せな気分になれます。
            あと、洋書だと読めなくてもなんか賢くなったような気に……(←ダメな例)
            ここでは建築関連の稀覯書が展示されてました。

            image04.jpeg
            グラハムベルの直筆のお手紙も展示されていました。


            次のコーナーは「知の森」。著名な科学者の代表的な書物、時代を大きく変えた重要な書物が展示されていました。

            image05.jpeg

            image07.jpeg

            image06.jpeg
            これはアインシュタインの「一般相対性理論の基礎」

            image08.jpeg

            私は科学技術についてはちんぷんかんぷんで、本の名前と著者の名前くらいしかわからないのですが、科学者の発明が後世に多大なる発展をもたらしたことは間違いありません。

            しかし、その発展は生活を豊かにしてくれる反面、戦争など新たな災厄をもたらすこともあります。
            展示の中には原爆関係の資料もあり、そのことを示しているようにも思いました。


            オリジナルグッズはかわいい物ばかりでしたが、最終日で売切れのものが多くてちょっと残念。
            やはり自分が見たい展示は早めに行くのがいいですね。

            | 1/123PAGES | >>

            PR

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << December 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recommend

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM